放射線治療でがん治療~がん治療のトップバッター~

先生

改善するには

女性

脳動脈瘤というと、破裂を恐れる人は多いでしょう。この破裂は、ある程度の要因というものは分かっています。その主なものとしては、高血圧症、アルコール、喫煙となっています。脳動脈瘤の大きさや状態などももちろん関係しているのですが、こうした要因がある場合にはその可能性が高まってしまうのです。逆に言えば、こうした要因を取り除くことによって、破裂の危険性を下げることができるというわけです。ですので脳動脈瘤と診断された場合には飲酒や喫煙は止め、血圧にも注意をはらっておくことが大切です。また、市販の薬なども成分によっては要因となってしまうことがあります。ですので何か薬を服用する前には、医師に相談しておくと安心です。

脳動脈瘤は、小さなものでしたらあまり問題はありません。破裂することも殆んどありませんし、脳神経を圧迫することもないので、経過観察といった形をとることも多いのです。ですが、何か症状が現れる前に脳動脈瘤と診断された場合には、破裂前の治癒を希望する人が多くなっています。というのも破裂する前に治癒を行うことで、非常に回復が早くなるからなのです。また、リハビリの必要性も低くなることも人気となっている理由の一つでしょう。脳動脈瘤の治療というのは手術が主となっていますので、大がかりなものになるのが一般的です。しかしその後のことを考え、今現在問題がないものでも、治療を望むといった傾向が強くなってきているのです。

Copyright© 2015 放射線治療でがん治療~がん治療のトップバッター~All Rights Reserved.