放射線治療でがん治療~がん治療のトップバッター~

先生

増加傾向にある病気

男性

最近急増している病気として、糖尿病が有ります。なぜ増加しているかというと、食生活の肉食化、ストレスが原因と考えられます。統計的に、40歳以上の3人に1人が糖尿病、将来的に糖尿病になるという数値が有ります。そもそも糖尿病とは、食事でとったブドウ糖をインスリンによって上手く消費されない症状です。血液中のブドウ糖の濃度が上昇することで、色々な病気が引き起こされます。例えば、高血糖が続くので血管が硬くなり、脳梗塞や心筋梗塞、足の壊疽などが起こります。その他にも、合併症として手足の異常感覚、眼底出血、腎症も引き起こされます。小岩のクリニックでは、定期的に健康診断を行っています。なので、年配の方は定期的に受診して、早期発見、治療を行うことが大事です。

糖尿病というのは、いったんかかると完全に治すことはできないです。そのため、病気と上手く付き合っていくためにコントロールすることが大事です。小岩のクリニックでは、主に食事療法、運動療法、薬物療法などの治療を行っています。まず、食事療法というのは、一日の適正エネルギーにしたがって食事をとる治療です。小岩のクリニックでは、管理栄養士が体重、運動量から適正エネルギー量を指示します。 指示されたエネルギー量を考慮しながら、野菜中心の低カロリーのメニューをとることになります。運動療法は、定期的に運動をしてエネルギーを消費する治療です。その他にも、小岩のクリニックでは内服薬を治療として処方しています。内服薬には、血糖を下げる薬、糖分の吸収を遅らせる薬など色々です。患者の糖尿病の症状にあわせて、医師が処方してくれます。

Copyright© 2015 放射線治療でがん治療~がん治療のトップバッター~All Rights Reserved.