放射線治療でがん治療~がん治療のトップバッター~

医者

臓器を切らなくて済みます

女の人

主な特徴

放射線治療とは、放射線の照射によってがん細胞を殺したり増殖を抑えたりするがん治療法のことで、手術、薬物療法とともにがんの三大治療法と呼ばれています。手術のように切除する必要がないため手術後の生活の質をほとんど落とすことがなく、欧米ではがん患者の約60%が放射線治療を受けています。放射線治療で最も多く用いられているのは外部から放射線を照射する外部照射です。近年では、がんの形に合わせて放射線の強度を変化させたり、三次元方向から照射したりすることによってピンポイントで効果を高めるような治療法が登場しています。また、内部から放射線を照射する方法もあります。これは小線源治療と呼ばれているもので、放射性同位元素をがんの病巣やその周辺に埋め込んで、内部から放射線を照射します。

副作用と注意点

放射線治療には副作用もあります。それは正常細胞に放射線が当たることによって正常細胞のDNAが破壊されるというものです。ピンポイントでの照射が可能になった現在でもこの副作用はなくなったわけではありません。しかし薬物療法のように抗がん剤が全身をめぐるわけではないので、副作用は照射された部分に限定されます。また、毛根細胞や皮膚、骨髄など細胞分裂が盛んな部位ほど副作用の影響は大きいという特徴があります。放射線治療は手術のようにがんを摘出してそれで終わりではなく、1カ月から2カ月程度治療を継続します。入院する必要はなく仕事を続けながら治療を受けることができます。費用は保険が適用される場合、1回あたり数千円で、一般的には30回程度照射を行うので10万円から15万円程度で治療を受けることができます。

胸腺に発症する腫瘍

病院

胸腺腫瘍とは肋骨裏側にある臓器の胸腺に発症する腫瘍のことを言います。胸腺腫瘍はゆっくり腫瘍細胞が増殖する胸腺腫と、急速に増殖し他部位への転移もする胸腺癌に分けられます。胸腺腫瘍は自覚症状が殆どないのが特徴です。治療法が手術療法、放射線療法、化学療法から選択されます。

詳しくはコチラ

増加傾向にある病気

男性

糖尿病は、日本人の間で増えている病気です。肉中心の食事のせいで、ブドウ糖を消費するインスリンの働きが弱まります。その結果、高血糖となり、脳梗塞、心筋梗塞を引き起こしやすくします。小岩の病院では、食事療法、内服薬による治療を行っています。

詳しくはコチラ

改善するには

女性

脳は最も大事な箇所とされています。しかし、その脳に起こることとして脳動脈瘤などがあります。このことに陥るまでには要素となることがあり、それは飲酒や喫煙などであり、また市販で購入される薬なども引き起こす可能性があります。

詳しくはコチラ

Copyright© 2015 放射線治療でがん治療~がん治療のトップバッター~All Rights Reserved.